縮毛矯正とストレートパーマの違い

こんにちは(^ω^)

田子です!

今回はストレートパーマと縮毛矯正の違いについて書いていきます

ふと思ったことがある人もいると思います!

縮毛矯正とストレートパーマ何が違うんだろう?と。。。

まずはストレートパーマから説明していきます!

 

 

ストレートパーマは

元々直毛の人がパーマなどをかけた後に

元の直毛に戻すために行うためのものです。

ストレートパーマという名前から

どんな髪の毛でも直毛になると思いがちですが

癖っ毛を直毛にすることはできません。

なので癖っ毛の方が

ストレートパーマをかけても

パーマの効果が落ち

時間が経てば再び癖っ毛に戻ってしまいます。

 

   次に縮毛矯正です

縮毛矯正は

くせ毛を

縮毛矯正の薬剤と

高温のストレートヘアアイロンや

ヘアドライヤーを使用してくせ毛をまっすぐにします。

上手に施術された髪の毛の部分は半永久的にストレートになります

癖っ毛の人の毛穴は歪なので

毛穴から生えてくる髪の毛の断面も歪になり

ねじれた状態となり癖っ毛となります。 

一方直毛の方は毛穴が丸く、髪の毛の断面もまん丸です。

なので直毛の方は手触りがサラサラでくしでとかした時もスムーズにとけます!

この歪でねじれている髪の毛の断面が

丸くなるように

薬品や高熱のヘアアイロンによって整え髪の毛を

真っ直ぐにするのが縮毛矯正です。

 

なので癖の方は縮毛矯正

パーマを落としたい方はストレートパーマを(^ω^)

 

unnamed

コメントを残す

このページの先頭へ